いなりっこ「天狐の舞」(三浦市指定無形民俗文化財)
「いなりっこ」は、農村の豊作を祈願する信仰の一つで、「稲荷講」が訛ったとされています。かつては節分や初午の日に踊られ、大変な賑わいを見せていました。
三崎・海南神社に伝わる「面神楽」の影響を受け、子どもたちが面をつけて踊ったのが最初だといわれています。演目には「国固め」「天狐の舞」「湯立て」「恵比須の舞」「種まき」「岩戸開き」などがあります。