獅子舞「玉遊び」
三戸の獅子舞は、祭礼が行なわれる7月15日直前の土曜日、日曜日に初声町三戸で行なわれています。三浦の獅子舞は、江戸末期から明治初期に、江戸の丸一系代神楽が導入されたものといわれています。
「玉遊び」は「玉ころがし」とも呼ばれ、見物人とのじゃれあいの場面があり、いくつかある演目の中でも見せ場になっています。そのほか、「シンペシ」「四つ足」「しらみとり」「箱根山一本杉」などの演目があります。