あめや踊り「白松粉屋」(神奈川県指定無形民俗文化財)
あめや踊りは、南下浦町菊名地区に伝えられているもので、江戸末期、関東地方で街頭のあめ売りが人寄せに演じたのが起源とされています。あめや踊りには「手踊り」と「段物」があり、「手踊り」には代表的な「白松粉屋」や「新川」「かきがら」「子守」などがあり、「段物」では「笠松峠」「五段目」「十兵衛」などがよく知られています。
「白松粉屋」は、粉屋の娘お梅(お小夜)は日蓮宗の坊さんに懸想されたが、みごと肘鉄をくらわしたので、坊さんはこの歌を作って失恋の心をみずから慰めたという話しです。現在、後継者不足から、毎年踊られることはありませんが、市のイベントなどで披露されています。