面神楽「恵比須の舞」(三浦市指定無形民俗文化財)
海南神社の面神楽は、神話やおとぎ話の世界を演じる大衆芸能です。江戸時代から続く由緒ある踊りとして知られ、氏子らで作る保存会が、11月最初の「申(さる)」「酉(とり)」の2日間披露しています。「恵比須の舞」は、漁の安全と大漁を願うもので、漁師町の素朴な心を見るようです。そのほか、「国固め」「三人和合」「浦島太郎」などの演目があります。今年11月3〜4日に行なわれた面神楽では、55年振りに新調された衣装が披露されました。