最新情報 12/19

17.12.8 三浦大根の収穫体験をおこないました

組合では6日から8日の3日間、 神奈川県下の小学生を対象に三浦ダイコンの収穫体験を実施しました。
天候にも恵まれ3日間で5校約400人の生徒が大きく育った三浦ダイコンの収穫体験や三浦農業についての概要を学びました。


〈三浦農業の説明のようす〉

毎年組合では農業や食への理解を深めてもらうため、社会見学の対応や街頭での消費宣伝活動に取り組んでいます。
今年も県農業技術センター三浦半島地区事務所の協力を得てかつて三浦半島全域で栽培されていた「三浦ダイコン」のPR活動をおこないました。


〈三浦大根の収穫体験のようす〉

三浦ダイコンは青首ダイコンと比べ形状が大きく、消費者が1本購入しても食べきれないといった背景もあり、昭和54年頃から三浦では青首ダイコンの出荷が主流となっています。
なお収穫した三浦ダイコンはダイコン洗い機で洗い子供らに配られました。
収穫体験をした子供たちからは「1本抜くのもすごい大変だった。お母さんに大根料理を作ってもらい、大事に食べたい」と話していました。