最新情報 3/12

18.3.12 春どりダイコン品種検討会を実施しました

三浦半島農業改良推進協議会は県園芸種苗対策協議会と共同で、収穫期に見合った青首ダイコンの品種比較試験に取り組んでいます。
その一つ、春どりダイコンの品種検討会が、3月12日(月)午後1時から、県農業技術センター三浦半島地区事務所で開かれ約50人が参加しました。


〈品種検討会のようす〉

春どりダイコンの展示品種は、カネコ種苗の「YR春の浦」、サカタのタネの「SC3−643」、タキイ種苗の「TDA−776」、トーホクの「春きたり」、丸種の「MRX-607」、雪印種苗の「春桜舞」の6社7品種で春宴は対象品種です。出荷重、根長、葉長、等級(形状・病害)、ス入り状態などを調査検討しました。
最後にそれぞれの品種の食味調査をおこない、品種の特徴を種苗会社の方々が説明をおこないました。