三浦特産物紹介

 
   
 
キャベツ|柔らかく甘味に富み、新鮮な香りとさわやかな味覚で定評。
 
 
早春キャベツ春キャベツ  
◆早春キャベツ(国指定産地)
  三浦半島で早春キャベツの作型が確立したのは昭和40年代前半で、それ以前は冬キャベツが栽培されていました。冬キャベツと春キャベツの中間的性質を持つ、やわらかいキャベツとして開発され、「早春キャベツ」という名称は、春キャベツが出荷される前の1〜2月の早春期に出荷されることから命名されました。昭和55年に国の指定産地になりました。11月〜3月まで約120万ケース(大型トラック約1,400台)出荷しています。

◆春キャベツ(国指定産地)
  現在の春キャベツの栽培スタイルが確立されたのは昭和40年頃で、昭和41年には国の指定産地となりました。春キャベツは、とてもやわらかく甘いのが特徴で生食に向いています。3月〜5月まで約310万ケース(大型トラック約3,500台)出荷しています。

 
     
     
     
自然の味・健康野菜の
三浦市農業協同組合
〒238-0111 三浦市初声町下宮田3024-1
TEL 046-888-3145 FAX 046-888-7205 
     
 
copyrightc 2008 三浦市農業協同組合 All right reserved.